Terra Classic(LUNC)

AMA:LUNC(Luna Classic)with Terra Rebels|9/19 Twitter Space【要点まとめ】

AMA:Luna Classic with Terra Rebels【完全版】9/19 Twitter Space

AMA:Luna Classic with Terra Rebels【完全版】9/19 Twitter Space

この記事は2022年9月19日にTwitter上で開催されたLUNC(Terra Luna Classic)に関するAMA(何でも聞いて)の内容と要点を日本語でまとめたものとなります。

このAMAは「@traderrocko」と「@DefiRidge」が共同で主催したもので、質問には1.2% TAX Burnの原案者である「@VegasMorph」や、改善提案の共同執筆などで知られる「Edward Kim氏(@edk208)」に加え、TerraRebel(@RexYellerBelly)やJagmot@Allnodes(@jagmot80)などが参加しています。

LUNC(Terra Luna Classic)コミュニティの状況について

LUNC(Terra Luna Classic)の復興に向けた取り組みを進めている「Terra Rebels」などのコミュニティは、既に人々が期待していた「1.2% Tax Burn」や「委任ステーキングの再有効化」などの取り組みで成果をあげています。またこれらの取り組みは大手暗号資産取引所など複数の大物にもサポートされています。

TerraRebelsをやろうと思ったのはなぜか?

ディペッグ が起こった時、私はデススパイラルがどうなるかリアルタイムで見ていました。これはひどいと思いましたね。それからDiscordにも参加したし、フォーラムにも参加しました。もちろんその時はみんなボロボロになってたんだけどね。でも、みんなそれぞれ『どうすればいいのか、どう学べばいいのか、どうすれば自分を取り戻せるのか』といったさまざまなアイデアを持ち寄っていたんです。

それで私は『よし、私も貢献しよう』と思ったんです。それで、LUNCのフォーラムに「これはうまくいくかもしれない」とか、ディープエッグのデータを分析して「これは試せるかもしれない」とか、いろいろと書き込んでみました。するとたくさんの人が賛同してくれました。何だかよく分からないという感じでしたね。おそらくこの人たちは新しい投資家なんでしょう。あるいは古くからの投資家たちかもしれません。その時点のコミュニティがどんなものだったのかはわかりません。でも壊れてしまったものを直そうとする声援はたくさんありました。
その後、Luna2.0がうまくいってガバナンスの投票に通ったんです。ガバナンスにおける投票の仕組みは、誰がどれだけ投票できるか、自分の票をどれだけカウントできるかが、すべて ステーキング と委任に基づいているからです。ステーキングの委任がなくなったのは、基本的にガバナンスが攻撃されるのではないかという懸念があったからです。

基本的に、Luna2.0への移行は「投票権の0.2%」という非常に小さな票数に基づいて行われました。そこで私は、そのことについて考え、さらに民主主義について考えました。これは本質的に「大勢の新しい市民が、市民が必要とするように改変されて、彼らを代表しない古い政府が決定を下す」という状況になるわけですが、これは絶対に間違っていると思いました。
このとき私が抱いた最大の関心事は「人々の声を聞くべきだ」ということでした。そのために、ステーキングと委任を修正し、優位性を回復するために膨大な時間を費やしました。それが私が一番やりたかったことでした。そして、同じ理念を持つさまざまな人たちに出会いました。それはベガスやLUNCのバリデータたち、すべてのノード、チェーンを持っている人たちです。

このコミュニティはどんどん大きくなっていきました。暗号資産の世界では、多くの人が破産して自分のことしか考えられなくなっています。その中で草の根的に集まっているコミュニティを見たとき、とても魅力的なものを感じました。彼らは基本的に見放されたものを復活させようとしたんです。それがこの分野で仕事をしたいと強く思った最初の理由であり、現在も続けている理由です。

関連記事

Terra Rebelsの歴史|始まりから現在そして今後の動き

続きを見る

Do Kwon・TFL(Terraform Labs)との関係について

LUNAとLUNCは"異なる2つのチェーン"であるため、Do Kwon(ドゥ・クウォン)氏らに対する逮捕状発行のニュースがLUNCに影響を与えることはないはずですが、一部の人々は『Do KwonはまだLUNCと繋がりを持っている』と考えているため、実際には何かしらの影響が出ています。

ですが、LUNCは、Do Kwon氏や TFL(Terraform Labs)とは関係がなく、また、LUNAと同じということは絶対にない。

LUNC復興に向けた取り組みを進めているコミュニティメンバーはLUNC復興に向けた活動に集中しており、その誰もが「LUNC復活の炎」を見たいと思っています。復興に向けて現在進められている作業が完了することによって、LUNCに新しい未来がやってきます。だから我々はまだゲームに参加していて、現状はこれまで以上に強いと信じています。

1.2% TAX Burnについて

過去30日間にチェーン上で起こった出来事の量を見てみると、実はステーキングと委任が本当に可能になったのは8月26日よりも前です。アップグレードの前というのは、基本的にデッドチェンジだったと考えていいでしょう。そしてまだ最低の状態でした。チェーン上の取引量は約350億です。そのうちの1.2%を Burn(バーン)すると、約1,400万ドル、2,000万ドルの税金が発生します。しかし、8月26日以降に取引量が大幅に増加したわけではありません。この7日間で、1日あたりの税金が平均1,600億になりました。1,600億の1.2%ということは「1日あたり20億のBurnを行った」ということになります。

過去4ヶ月間で自主的にBurnされた枚数は約40億でしたが、もしも先ほどの平均的な取引量を維持することができれば、40億枚を2日でバーンできることになるため、何が起ころうとこれまでよりも遥かに大きな枚数のBurnを見ることになります。そしてこれは全て「オンチェーン」での話です。だから「オフチェーン」のことは一旦忘れてください。もしも"オフチェーンBurn"を実行すれば、Burn数量が指数関数的に増加するでしょうがオンチェーンでも大丈夫です。

ですが、Burn数量がこれまでより遥かに大きくなるとしても、他のものを全て使い切るには多いときで9年か10年かかるということになります。もちろんそんなに長い間、自分たちに負担をかけ続けたくはありません。これが計画の第2部で「USTのリペッグ」です。暴落する前のUSTとLUNAのユニークさや魅力は「本当の分散型貨幣」でした。他のステーブルコインの多くは法定通貨に支えられています。法定通貨は差し押さえることができますが、真のアルゴリズム型コインには凍結するものがないため、お金が流動し続けることになります。最もよく知るのはAlex Forshawによるものです。Alexは個人的な事情でERに移りましたが、今でも毎日のように話をしています。だから、彼が貢献していないわけでもないし、話していないから一緒にやっているわけでもありません。彼のUST復活計画は、基本的に負債が存在する約95億の負債再編成を行うことです。

-----------------------

1.2%Burnでは多くの実験が行われると思います。短期的にはここ数日で記録的なBurn数量を見ることになるでしょう。また、中央集権型取引所(CEX)でのオフチェーンBurnが実行されればそれも素晴らしいことです。どのような数字が出るか見てみましょう。そうすればいくつかの数字を動かしてみることができます。もし、私たちの業績がとても良いことがわかったら、税の一部を資本準備金に回して、税で自分たちの資金を賄うことができるかもしれません。でも、もし取引所がBurnしてくれれば、つまり、外部の資金提供者と連絡を取るためのさまざまな方法があれば、投資家から資金を調達できる可能性があるのです。いろいろなやり方があります。でもこれは私が知っている計画のようなものです。

USTCのリペグについて

「USTCの リペッグ」は常にテーブルの一番上にある議題の1つです。多くの人々がこのトピックに取り組んでおり、多くのソリューションを持ち込んで「何がベストなのか」を見極めようとしています。しかし、今のところはまだ多くのことがテーブル上にある状態です。

先週、私たちはステーブルコインやアルゴリズム型コインに関する大物とミーティングを行い、その方向性が良いかどうかを理解しようとしました。このトピックは非常にホットなものであり、様々な見解に分かれるトピックでもあり、ある人はここが違うという見方をしています。

USTC をリペッグするためには「資金調達の仕組み」が必要です。資金調達の仕組みは長い目で見れば、外部の資金提供者が「これはチャンスだ」と思えば提供することができます。その上で資本規制を導入し、以前より良いものにすればデススパイラルが起きずに済むというわけです。そして、BTCの部分的なアルゴリズムによる最終化に対して、担保を設定することになります。そして、人々をUSTCに引きつける何らかのメカニズムがあれば、以前のようなアンカー20%リターンのようなものである必要はないのです。

ただ、これはちょっと投げやりな言い方ですが、信じられないようなリターンが見られるようになる可能性もあります。アルゴリズムでバックアップされた安定したポイントの使用例を見れば人々は再びそれを使い始めると思います。もちろん、以前のようなディペッグが起きないことを証明する必要があります。そのためには、Alexと彼のチームがホワイトペーパーをいくつか読んでいて、その中で発表されるであろう資本規制の束が必要となります。だから本質的には、もしUSTCをペッグさせ、ユーティリティをただで手に入れることができれば、もともと精神的なものだったスワッププロセスを通じて指数関数的なバーンや逆転を見ることができるようになるのです。それが目標です。そして、その段階は9年後ではありません。具体的には分からないが遥かに少ない時間です。それがゴールのようなものです。

関連記事

要点まとめ「Tobias Andersen氏:Terra Classic USTCリペグ提案」

続きを見る

LUNCが描く今後の展開

以前にも言及しましたが、この状況のユニークな点のひとつはLUNCには巨大なコミュニティがあり、私たちは店を始めて顧客を獲得しようとしているのではないということです。

何百万人とは言わないまでも、何十万人ものユーザーがすでにいらっしゃるわけですから、私たち全員が役割を担っているわけです。

私たちは新たなメカニズムに取り組んでいます。例えばリペッグのようなもの、それからユーティリティのようなものです。だから、ただ手をこまねいて何が起こるか待っているのではありません。これは、私たちが他のことにも取り組みながら、首を突っ込んでいくということなのです。

オフチェーンBurnについて

前にも言いましたが、Taxの負担は未知数で何が起こるかわからないと思います。創設者でさえ復活を諦めてまったく新しいLUNA(Luna2.0)を作成しました。彼はそれが簡単だと思ったからです。ですから今後は注意深く見守る必要があります。

CZ がファイナンスで言ったことを考えると、当初から彼らはまずチェーン上でさえやっていないというようなことを言っていたのです。ですから、これは「私たち(BINANCE)は少しぐらい二番手でも構わないという考えで一致団結しているのだ」という最初のステップなのだと思います。そして、その圧力は中央の取引所に向かうと思います。

IBC(ブロックチェーン間通信)について

IBCチャンネルでは前回からかなり面白い展開がありました。v22 では「委任ステーキングの再有効化」と数日中に稼動する予定の「Burn Tax」が行われました。これは、私たちがチェーンの一部アップグレードを実際に実行できることをコミュニティに証明した瞬間で、必然的により多くの開発がもたらされました。

Terror RebelsのGitHubリポジトリを見てみると、たくさんのプルリクエストがありますが、これはチームからのものではありません。これらはCosmosのエコシステムで多くの経験を積んだ外部の人たちによるものです。そのうちの一人が"Jacob Kerrigan"で、彼はTwitterで自分のやっていることについて非常に積極的に発言しています。

IBCに関して、Jacobsの主な目的はMCを使えるようにすることでしたが、彼と他の何人かはコードを見て『私たちが目にする他のものを修正したらどうだろう』と言ったんです。その結果、恐ろしいことにGitHubに4つものプルリクエストが寄せられました。さまざまな種類の改良が施されているのがわかり、IBCの実現は予想以上に早くなりそうです。

来週、Jacobと彼のチームと話し合って、それを既存のロードマップ計画にどう組み込んでいくのがベストなのか検討するつもりです。

関連記事

Cosmosのブロックチェーン間通信プロトコル「IBC」とは?

続きを見る

v23について

Zahraが主に取り組んでいて、彼は2,3日中に私の「Luna classicフォーラム」で議論を始めると思います。

v23の基本的なアイデアは「スワップ機構を有効にする」ことです。これは一方通行のスワップで、例えばポンド(GBP)を作ることはできませんが、米ドル(USD)を作ることはできます。繰り返しますがこれはすべて議論のためのものです。しかし、基本的な考え方は、スワップキーを集めて品物を補充し、そのメカニズムプロセスを通じてBurnさせる可能性があるということですが、これについてはまだ様々なテストを行う必要があります。

もう一つは、基本的にABSシステムの可能性があります。従来の株式市場で例えると、ある銘柄があまりにも速く上がった時、あるいは移動があまりにも速くなったときを知っている場合です。Visaのストップ・トレーディング・メカニズムは取引を停止するのに役立ちます。実際には何の役にも立ちませんが、少なくともいくつかのテストを行うことができるようになります。ですが、どれも決まったものではないことを強調しておきます。従来の商業活動では、自分の街に新しいビジネスを誘致する場合、税制上の優遇措置をとりますよね?これがここでのアイデアのようなものです。

これはホワイトリストのようなもので、彼らは減税システムを構築します。

資金調達

分散型の世界では、分散型のアルゴリズムコインが必要で、資金提供者からどれだけの資金が必要になるかということです。

この点に関して私たちが考えているのは、何らかの形でUSTCを支援への受けることになった場合、USTCの時価総額を見ると、現時点では2億〜3億ドル程度に過ぎないのです。そして、それは本質的に約3億の負債から株式へのスワップのようなもので、以前の時価総額である95億ドルよりもはるかに少ないだろうということです。

バリデータについて

すべてのノードにありがとうと言いたいです。私たちがステーキングを有効にする前のこの 2 ヶ月半の間、チェーンを保持していた バリデータ の皆さんにありがとうと言いたいです。彼らは機械を保持するだけでお金を失い、時間をかけました。

-----------------------

他の人たちは団結して今こそ見るべき時です。私はそのハードワークのために周りに合わせて花開くのを見ます。しかし、それはまだとても早いです。今、循環供給 は6%程度しかありません。もし私たちが30~40%の手数料を払っていて、まだトップバリデーターの間であるなら私は心配になります。4月の時点で3ヶ月、4ヶ月の間スピーチは行われていました。つまり、赤ちゃんが再び歩けるようになるのと同じようなものです。

だから、時間をかけてどうなるかを見ていくしかないんだ。僕がいつも言っているように、一歩一歩ベイビーステップがあるんだ。そして、価値あるグループの状況については、彼らがこれらを保持していたことを理解することがとても重要なんだ。ひとつひとつが大切です。そして、公平に見て、今日私たちは8%のものを手に入れました。次は10を手に入れます。新しいユーザーを獲得して、どんどん増やしていけば採用されるでしょう。

-----------------------

今はバリデーションを行えるのは既存のバリデーターだけですが、この機会に既存のバリデーターに声をかけて、いわば力を合わせることができた人もいます。そこで、私が注目したいのは、ベガスのバリデータです。もうお馴染みかもしれませんが、ベガスのバリデーターに私は気づきませんでした。この他にも、私とRex YZが提携しているハイステークスや、LUNC をサポートしているバリデータもありますので、バリデータを探している方はぜひサポートしてみてください。もっと分散させましょう。

ベガスバリデータについてのあなたのツイートを見たら、私は間違いなくそれに委任します。ええ、私はこれをプロモーションのものとして使用するつもりはなかったということです。でも、ここにいてくれて本当にありがとう。このアイデアはガバナンスとネットワークパワーも含めて、ステーキングから何かを得るということです。そのため、このような「ベガスのノート」は、ライバルである端末を直接的にサポートすることになります。

Twitterでの発表はまだしたくありませんでした。というのも、皆さんご存知の通り女王が亡くなりました。明日は葬儀なので、一日休んでホワイトペーパーを作ったりします。エンドポイントをサポートするためのアイデアはすでにあります。これまでに物理的な話をしました。もしもう少し改善したいのであれば、もっとトラフィックがあるのであれば、もっとクリエイティブな方法を見つけなければならないでしょう。

私たちは今、この瞬間にコミュニティをサポートするためにボリュームをオープンしています。また、提案に投票するためのガバナンスのチャンネルを作るというアイデアもいくつかあります。そのため、一元的な管理はしていませんが、ある意味では私がBurnやその他に非常に厳格であることは知られています。

しかし、私は常にコミュニティの視点に立ち、彼らが行くような方法で質問をするつもりです。そのため、もし彼らがこの方法、またはあの方法で投票したいのであれば、基本的に、私たちは各ガバナンスで私の小さなプールを行うつもりです、私たちも 1 つの方法または別のプラスで投票する前に、私たちが微調整したい分散化の分散化の側面です。

関連記事

LUNC(Terra Classic)の復活を支えるバリデータリスト

続きを見る

最後に

要約すると、プロジェクトをまとめる複数グループの開発者と人々が一緒になったということです。

私たちがやっていることはこれまでになかったことで、ブロックチェーンの定期的なアップグレードとは違うんです。インフレのメカニズムや総供給量の推移など、あらゆることを理解しているわけではないので、本当に掘り下げてよく調べて、どのようなリスクがあるのかを理解する必要があります。これは非常にハイリスクでハイリターンな状況なのを理解する必要があります。
私たちはコードを改変しましたが、その変更が何をもたらしたかが重要なのです。

人々はTwitterやSNSで見てありえないほど鵜呑みにしてしまうのが問題で、とにかく自分で調べてみることが重要です。インフレや株式市場の暴落など、すべてが世界とつながっていて、ビットコインが下がれば(その他の通貨の)価格に影響を与えることになります。ここで話しているのは、コミュニティーの構築、非中央集権的なものの構築などですが、私たちは皆つながっているのです。だから、常にリスクについて考える必要があるのです。

実用性が高まれば高まるほど、個人で普及させればさせるほど、うまくいく可能性が高まります。そして、できれば大量の実用性を持ったコインがここにあるという段階にまで戻って、その先の段階に進んでほしいですね。

「1年や2年で実現することはないだろうけど、ある時点で実現するかもしれない」
私たちは、その旅を共有しているのです。

みんなが参加してくれて素晴らしい Twitter Spaceになりました。ありがとう。
Luna Classic万歳、またすぐに会いましょう。

「Luna Classic AMA」の全内容はこちら

関連記事

LUNC:歴史的大暴落から復活へ|Terra Classicのこれまでの動きと今後(2022年月別まとめ)

続きを見る

Bybit公式サイト

LUNC(Terra Luna Classic)を購入できる取引所はこちら

-Terra Classic(LUNC)
-, ,