Terra Classic(LUNC)

BINANCE「LUNC現物・証拠金取引の取引手数料バーン」を発表

※ アフィリエイト広告を利用しています

最大手の仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は2022年9月26日に、LUNC(Terra Luna Classic)の現物取引・証拠金取引における全ての取引手数料をバーンするメカニズムを実装する予定であることを発表しました。

このLUNCバーンはBINANCEが自主的に行うLUNCオフチェーンバーン(off-chain Burn)の取り組みとなっており、今回の発表を受けてLUNC価格は大幅上昇しています。

※ 2022年11月1日に「週ごとのバーン」から「月ごとのバーン」に変更となると 発表 がありました。

LUNC(Terra Luna Classic)取引の全取引手数料を自主的にバーン

BINANCE(バイナンス)は2022年9月26日に、LUNC(Terra Luna Classic)の現物取引・証拠金取引における全ての取引手数料を バーン するメカニズムを実装する予定であることを発表しました。

 

 

 

LUNCの供給量を減らすためにバーンする取り組みは以前から実施されており、LUNCの オンチェーン 取引でバーンする「1.2% Tax Burn」などが注目を集めていましたが、今回発表された取り組みはBINANCEが自主的に行う オフチェーン バーン(off-chain Burn)の取り組みとなっています。

オプトインボタンの代わりに「取引手数料バーン」

バイナンスは今月24日のブログ投稿で「LUNCオフチェーンバーンのオプトインボタンを実装する」という案について説明を行っていましたが、BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は26日のツイートでこの案が変更されたことを報告しており、「LUNCコミュニティが満足していなかったこと・開発に時間がかかること・トレーダーが投票しないこと」などの理由から、より良い方法について話し合いを行っていたことを報告しています。

今回発表された「LUNC現物取引・証拠金取引の取引手数料バーン」という新たな取り組みはこの話し合いで決定されたものであり、具体的には『BINANCEにおけるLUNC/BUSD・LUNC/USDTの現物・証拠金取引で徴収された全ての取引手数料をバーンする。手数料はLUNCに変換した上でバーン用ウォレットに送金される。バーンの費用はユーザーではなくBINANCEから支払われる』と説明されています。

 

 

 

ここで以下3つのことが言えます。
1)LUNCコミュニティはこのアプローチに満足していなかった。
2)開発に時間がかかりそう。
3)どうせうまくいかない。私たちのトレーダーは投票しない。

それ以来、私たちはコミュニティをサポートするためのより良い迅速な方法について議論していたのです。

そこで、その代わりとして「LUNC/BUSDとLUNC/USDTの現物・証拠金取引ペアで集めた取引手数料を全てBinanceでバーンすることにしました。手数料はLUNCに変換された後、バーンアドレスに送られます。このバーンは、ユーザーの費用ではなく、我々の費用で行われます。

関連記事
BINANCEがLUNCのオフチェーンBurn実装への提案を発表

BINANCE(バイナンス)のCEOであるCZがオフチェーンBurn実装への提案を公式発表しました。このチャンスを活かすことができれば、LUNCが魅せる「千年に一度の大逆転劇」の大きな一歩となり、大きな期待が寄せられます。

続きを見る

LUNC取引手数料バーンの概要について

初回にバーンされる取引手数料は日本時間2022年9月21日09:00〜2022年10月3日08:59までの間に計算され、オンチェーンバーンは10月3日(UTC)中に行われる予定とされています。

その後、LUNC現物・証拠金取引の合計取引手数料計算は「毎週月曜日00:00:00(UTC)」に行われるとのことで、その後のオンチェーンバーン取引と週報は「毎週火曜日00:00:00(UTC)」までに更新されます。

計算期間 (UTC) 現物・証拠金取引の取引手数料 現物・証拠金取引ペアの取引手数料 (USDT相当) トランザクションID
バッジ1 2022-09-21 00:00 〜 2022-10-01 23:59 5,595,907,838.67 1,863,213.47 F6B1CB656843438013D3C9A5948A1353AA3C65F6AE30D627AF791EEE0311AA36
バッジ2 2022-10-02 00:00 〜 2022-10-08 23:59 2,992,563,505.66 916,502.50 B16C36B73EE4DA971D0AA6A63C6E701147A1F162BD91F5E5245C03661C35AA94
バッジ3 2022-10-09 00:00 〜 2022-10-15 23:59 2,500,382,131.16 659,300.76 6D6D9F19DEB430DF21399C50058F9AD8C5CC3464E9D0465B71EE98E4B1EDE607
バッジ4 2022-10-16 00:00 〜 2022-10-22 23:59 1,344,794,898.93 321,701.83 30A8E4E721CC55B58A476109FF44C05DB5532B1A109B79DF6320604ADA4D6D09
バッジ5 2022-10-23 00:00 〜 2022-10-29 23:59 1,258,250,859.01 313,971.33 6A47C417963AE7B9EC719E53F5F7F38848A95F986DF159D2B65CAF8226CAE048
バッジ6 2022-10-30 00:00 〜 2022-11-30 23:59 6,389,199,628.21 1,189,861.74 FED129C2E60448832DAD81CF2E9F83977F341EB6C064549EFF402014EAC5A4FD
バッジ7 2022-11-30 00:00 〜 2022-12-30 23:59 8,849,666,174.47 1,082,166.73 5B5BBCD7AEBB2FED6E2FE3A5F82F006D2F993D0A6F9C4E7418B7BDF0584D124D
バッジ8 2023-02-28 00:00 〜 2023-03-30 23:59 1,612,903,453.07 213,812.75 FA81ABAB8B09995815C904CC34BA3C651D46E56016C57C5C80300DD357C824B0
バッジ9 2023-03-31 00:00 〜 2023-04-29 23:59 1,268,122,322.00 150,903.52 6C38E169A0319E8B29B24CC737CBA2C3E8B3741651F941F48DF62252C9F64B15
バッジ10 2023-04-30 00:00 〜 2023-05-30 23:59 1,044,105,202.67 95,189.97 D9E7E738487239EF9125A68874C85701E06317F5BE7E5AE27CFDEF0B5BE69C9A
バッジ11 2023-05-31 00:00 〜 2023-06-29 23:59 2,651,321,806.21 324,722.45 85E89EFD8A6F0B44DA7538D7718CFE013B2793DA56913C9BF56C423454A0CC92
バッジ12 2023-06-30 00:00 〜 2023-07-30 23:59 1,412,760,563.40 121,850.96 9625D7E2521FCADA2272B522EDFDB643F34AC554FE0C275838AAC4E5C3E69D35
バッジ13 2023-07-31 00:00 〜 2023-08-30 23:59 2023年9月2日(UTC)更新予定 2023年9月2日(UTC)更新予定 2023年9月2日(UTC)更新予定

また『LUNC以外のトークン(USDT・BUSD・BNBなど)で徴収されたLUNC現物取引・信用取引ペアの取引手数料は、毎週月曜日00:00:00(UTC)にBINANCEのリアルタイム為替レートでLUNCに変換される予定』とも説明されています。

BINANCEはLUNC供給量の大部分を保有しているため、LUNCコミュニティでは『LUNCの供給量を減らしてLUNC価格を回復させるためには、LUNCバーンの取り組みでBINANCEの協力が必要である』と以前から言われていましたが、今回の発表によって今後は本格的にLUNCの流通量が減少していくことになると期待されており、LUNC価格も今回の発表後に大幅上昇しています。

BINANCEのCZ氏は今回のツイートの最後に『こうすることによって全てのユーザーに公平に対応することができる。取引体験と流動性は変えずに、コミュニティが望んでいるLUNC供給量の削減に貢献することができる』とコメントしています。

「BINANCE」の公式発表はこちら

 
Bybit公式サイト

LUNC(Terra Luna Classic)を購入できる取引所はこちら

-Terra Classic(LUNC)
-,